本音!ダイエットとバストアップの口コミサイト

変身美女

ブログ

短期間でダイエット!モデルの様なすらっとした体形になる方法

投稿日:

DSC00267

ずっと子供の頃から、食べる事が好きで食べる以外、何も趣味がなく、運動も中学生の時、陸上部で運動して以来何も体を動かすことをしていませんでした。高校になってからは、胃袋は部活動していた頃の大きさのままで食欲だけは衰えず、この頃からどんどん太っていきました。22歳まで太っていることにコンプレックスを感じることなく過ごしていたある日、仕事先の先輩に人生で初めて恋をしてしまいました。彼はほっそりしていて、モデルの様なすらっとした体形だったので、これはダイエットしないと振り向いてもらえないと思い、死ぬ気でダイエットに取り組むことを決意しました。

スポンサーリンク

モデルの様なすらっとした体形になる方法

ダイエット期間は、3か月間と決めました。3か月後の12月に告白をしてクリスマスを一緒に過ごしたかったからです。

マイナス10キロ目指して、夢の40キロ台を目指してダイエットに取り組みました。方法としては、運動と食事を併用して、休日には岩盤浴やスポーツジムに通いマシンを使って筋肉をつけました。DHCのサプリメントも飲んで足りない栄養を補い、オルビスのダイエット食品で人気のプチシェイクで空腹のお腹を満たしながら必死に頑張りました。毎日、お風呂では半身浴を行い、家に居るときは、顔痩せするマスクを付けて、ウォ―キングは、サウナスーツを着て足にはおもりを付けて、出来る事は全てやり尽しました。仕事の日でも、一駅か二駅手前で降りて、そこから歩いて帰っていました。最初の5キロは、みるみるうちに体重が落ちましたが、そこからの残り5キロがなかなか落ちず、苦戦しました。

友人から、食事だけのダイエットは体に良くないし、リバウンドしやすいから、絶対に運動も併用するように勧められたからです。その友人も一緒にジムに通ってくれました。友人と一緒だと心強くジムにも楽しく通えました。

過度に痩せようとすることで体に負担

結果、体重は目標にはいかなかなかったものの、目標に近い数字まで落とす事は出来ましたが、この頃から会社の上司に、顔が黄色い事を心配されていました。肝臓が悪いと黄色くなると聞きますが、一滴もお酒を飲めなかったので、飲酒によるものではなく、過度に痩せようとすることで体に負担を凄く与えていました。その時は、体重の数字が減ることだけしか目に入らず、体の中の健康のことまではちゃんと管理出来ていませんでした。半身浴も平気で2時間、3時間入りあがった時に眩暈することもたびたびありました。肌艶も良くなく、肌荒れも酷くなり、顔に悪いところが出ていました。この頃、食べ物でアレルギーを発症しました。ダイエットと因果関係があるかどうかは専門家ではないのでわかりませんが、体に必要な栄養がまだ足りていなかったのかも知れません。本当に反省しています。

-ブログ
-

Copyright© 変身美女 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.