本音!ダイエットとバストアップの口コミサイト

変身美女

ブログ

産後のお腹周りは骨盤の矯正ベルトで戻す!

投稿日:

DSC_2096

出産したあとのお腹はまるで腐ったりんごのようになります。
伸びていたお腹の皮膚が出産し、赤ちゃんがでるので、子宮が収縮し一気に縮まるので、皮膚は黒ずんでおりぶよぶよとなんとも言えないさわり心地です。

自分のお腹を触っている感じがしませんでした。産後お腹やお尻は痛いですが、早くにお腹周りのダイエットを始めないとお腹の皮膚が伸びているので、みるみるうちに太ってしまいます。
昔は床上げといい、産後1カ月は寝て過ごした方がいいと言われてきました。もちろん今も産後すぐに無理なことはしない方が体の回復がはやいでしょうし、赤ちゃんのお世話も始まるので、本格的に産後のダイエットは、体が落ち着き、心にも余裕が出てからでしょう。

骨盤の矯正ベルトでお腹周りを戻す

私は産後2日目から妊娠中も毎日愛用していました、トコちゃんベルトを巻きました。トコちゃんベルトは腰痛を和らげたり骨盤の矯正に役立ち、妊娠初期から使えるもので私は、妊娠後期からお腹が張ってきていたので、早産防止するためにも毎日つけていました。外したのは、出産のときくらいです。夜もつけて寝ても大丈夫です。値段は6000円前後だったと思いますが丈夫な作りで、産後3ヶ月間は骨盤が安定しないみたいでしっかりと装着するほうがいいそうです。私はもともと腰痛持ちだったので、産後半年くらいはつけていました。

徐々に外す時間を増やしていきました。なかなか子育てしながらジムやランニングに行けないので、料理をするときや洗い物をするときは、姿勢を正してお臍の下辺りに力を入れて産後たるんだお腹を意識するようにしています。

妊娠すると、妊娠初期から骨盤を広げようとするホルモンが分泌されるそうで、初期からトコちゃんベルトで骨盤を締めていても少しづつ広がって行きます。産後直ぐは骨盤がぐらぐらするような感じで骨盤を正しい位置に導き、大きく広がった骨盤を縮める絶好のチャンスですから、2日目は、使い捨てのベルトを使い出血が少なくなってきたらトコちゃんベルトに切り替えました。
あとは、毎日つけているとマジックテープでとめるようになっているので、少しづつですが変化が見られます。

産後1年で効果が

現在産後1年たちましたが、妊娠前に履いていたジーパンやハーフパンツは履けるようになりました。授乳期間はお腹が空くのでご飯が美味しくたべれますので、本当のダイエットはこれからだと私は感じます。産後1年たち、大体妊娠前の体型に戻れたようですが、まだまだ筋力が低下しており、お腹やお尻の見た目が悲しいです。
垂れ下がったおっぱいは靭帯が伸びてしまっているそうで、戻らないみたいですが、お腹の脂肪は努力すれば変化するだろうし、お腹周りのシェイプアップを始めようと思います。
私は2度の出産をしているので、お腹の皮膚が伸びているだろうし、皮下脂肪、内臓脂肪がつきやすいようにおもうので、健康を維持しそるためにもこれから筋トレです。

 

-ブログ
-

Copyright© 変身美女 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.